先生のご紹介

メッセージ

表現力を高めるピアノ教室です

ピアノは打鍵すると簡単に音が出る楽器ですが、たとえばメロディをきれいに歌いフレーズを感じたり、作曲者の意図を読み取るため丁寧に読譜しなければ、素敵な曲を弾けるようになっても演奏に磨きがかかっているとはいえないかもしれません。

そこで広島ピアノ教室では、ピアノを弾くだけではなく、実際にフレーズを歌ってみてどの様に弾くと自然で美しいか考えてみたり、聴いた音をノートに書いてみるレッスンも行います。

また、取り組む曲に必要な知識を学びレベルアップしていきます。

略歴

広島音楽高等学校卒業。

エリザベト音楽大学 音楽学部 演奏学科鍵盤楽器ピアノ専攻卒業。

2014年3月ドイツ国立シュトゥットガルトマスタークラス終了。

第23回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員賞、第32回PTCピアノコンクール優秀賞受賞。

現在、フローレピアノ教室講師、広島ピアノ教室講師。こうわ認定こども園にて音楽の授業を担当。

出演コンサート

2013年
March Concert~卒業後1年の感謝の気持ちを込めて~
2014年
ピアノソロコンサート
2015年
April Concert~ピアノ歌による春のコンサート~
2015年
広島県立美術館 ロビーコンサート
2015年
Autumn Concert~ピアノコンサート~
2017年
第18回「4月4日は調律の日」若い音楽家のためのコンサート
2018年
海の日ぴあのコンサート

演奏動画

ベートーヴェン ピアノソナタ第21番 「ワルトシュタイン」

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ

第1主題は、低音部で刻まれる和声連打と、それに答えるような高音部のモティーフ。

第2主題は、コラールのような豊かな響きとなっており、劇的な対比を生んでいます。

ベートーヴェン ピアノソナタ第21番「ワルトシュタイン」 第1楽章 Op.53-1

第2楽章 イントロドゥツォーネ:アダージョモルト

イントロドゥツォーネとは導入部のことで、3部形式で書かれていることから、楽章として自立した要素が高い曲となっています。

短く瞑想的な楽章です。

第3楽章 ロンド:アレグレット・モデラート

フィナーレは、壮大なロンド。

大らかに奥行きのある、味わい深い楽章です。

伴奏・耳コピ

伴奏

コンサートや発表会などの伴奏を承ります。

事前の打ち合わせから、音合わせ、リハーサルを行い、コミュニケーションを通して演奏させていただきます。

耳コピ

お手持ちのDVDやCDから、耳コピして楽譜を作成します。

耳コピは時間がかかることがありますので、余裕をもって、ご相談、お申し込みをお願いいたします。

メニュー